どうも、ロディです。

大学時代は、いかに勉強しないで卒業するかを追及していました。

本記事では大学生の方向けに、効率の良い勉強法を5つ、ご紹介します。

無駄な努力をせず、最短で単位取得しましょう。

ちなみに、僕は公認会計士でもあるので、勉強に関する情報には自信ありです。

 

勉強法① 過去問を使用

王道中の王道ですが、過去問の使用は超重要です。

毎年、期末試験の問題は過去問に近い形式で出題されます。

なぜ、過去問に近い形なのか?

理由は、傾向をいきなり変えると、クレームが来る可能性があるためです。

試験モノは全てそうですが、年度によって難易度に差を付けると、試験自体の品質にバラツキが生まれます。

同じ偏差値なのに、去年受けた人はパスできて、今年受けた人はダメだった…なんてことになったら問題ですよね。

大学講師も大学からお給料を貰っていますから、そのようなリスクは冒せません。

そのため、毎年同じような傾向の問題を出題するのです。

よって、過去問は非常に大切な教材です。

科目によっては、過去問だけ解いておけば問題なしというものまであります。

また、戦略的に単位を取得するのであれば、「過去問が入手できる科目のみ選択する」というのも全然アリです。

そのくらい、過去問は重要アイテムですね。

 

勉強法② 1週間前からガチで勉強する

僕の場合は、試験の1週間前から本気で勉強していました。

直前過ぎるけど、大丈夫? と言われそうですね。

でも、あまりにも勉強開始が早すぎると、集中力が分散したり、知識の忘却が始まったりするので非効率です。

もちろん、人によっては大量の科目が近い日に集中していたりしますので、その時は2週間くらい前から手を付けても良いです。

ただ、2週間以上前から勉強するのは…微妙です。

 

勉強法③ 授業中「重要」と言われた箇所を学習する(留意点あり)

授業中に、講師が「ここ重要ですよ」「ここ試験に出します・出やすいです」と言った箇所は、当然勉強しましょう。

ただし、ここで注意です。

なぜそこが重要なのか、考えて学習しましょう。

当然ですが、指摘された箇所と全く同じ問題が出るわけではありません。

その部分だけ学習したとしても、応用された場合に解けません。

「この考え方が重要だから、試験で問われるんだ」と理解した上で学習すると、本番の点数も上げやすいです。

 

勉強法④ 情報を一元化する

情報を一元化すると、勉強効率が非常に高まります。

情報の一元化とは、テスト勉強するための「情報」を1つの教材にまとめる事を意味します。

一番良いのは、「テキスト」にすべてをまとめる事です。

ノートにまとめた情報や、重要箇所、過去問など、必要な情報をテキストにまとましょう。

これによって、見る教材を行ったり来たりすることがなくなり、次のメリットが得られます。

  • 調べたい情報がすぐに見つかるため、勉強スピードが速くなる
  • 関連するテーマについて、ノートの情報・過去問などを同時に見ることができ、勉強効率が上がる

高校までは、授業の内容をノートに書いて→それをテスト前にまとめて→勉強をするというのが一般的だったはずです。

でも、大学ではテスト勉強のやり方が異なります。(高校と同じ勉強方法を採る人もいますが、間違ってます。)

その理由は、「授業が短期間で終わる」という点に起因します。

高校までの授業って、1年間ずっと繋がった勉強でして、いわば1つの小説のようなものです。

一方で、大学の授業は短期間(しかも週1とかの授業で)終わるので、いわば短編小説のようなものです。

 

大学の授業は短いので、テキストに書き込むスペースもあります。

だからこそ、情報の一元化というテクニックが使えるのです。

ちなみに、このテクニックは公認会計士受験でも用いられる常套テクニックです。

 

勉強法⑤ 朝インプットし、夜アウトプットする

お間違いないように。

朝に知識を入れて、夜に知識の定着を確認します。

よく言われているのは、朝イチでアウトプットし、寝る前にインプットするというものです。

しかし、これは間違った勉強法です。

まず、間違った勉強法の説明です。

朝は脳がクリアな状態なので「脳にストレスを与えるアウトプット」を行い、睡眠時に脳は記憶を整理するので「整理するための情報をインプットしよう」という理屈です。

理にかなっているようにも思いますが、これを実践すると想像以上に脳が疲弊します。

朝から脳を疲れさせると、その後の1日の勉強効率が落ちます。

また、寝る前にインプットを行うと、睡眠で疲れを取ることができなくなります。

一夜漬けならこれで良いのかもしれませんが、最低でも1週間は勉強するはずですので、これを実践するのは無理があります。

一方で、正しい勉強法は「朝インプット、夜アウトプット」です。

朝脳がクリアな状態だからこそ、「新しい知識をたくさんインプット」し、その日にインプットした情報を最後に「夜アウトプットすることで確認する」という理屈です。

朝は驚くほどインプットが楽です。

沢山の情報を覚えられるので、モチベーションがアップし、1日の学習を効果的に進めることができます。

また、一日の終わりにアウトプットをすることで、どの程度レベルアップしたか確認することができ、更にやる気が上がります。

こちらが一般人向けの勉強方法ですので、お間違いなきよう。

 

まとめ

以上、ややコスパ重視の勉強法となりましたが、誰でも実践可能な勉強法でした。

もちろん、きちんと全て勉強するのが一番だと思います。

ただ、もし時間がない…という方がおられれば、参考にしていただれば嬉しいです。